トップ代表作一覧 > 作兵衛さんと日本を掘る
作兵衛さんと日本を掘る
sakubei.png

概要

 山本作兵衛は、福岡県・筑豊炭田の炭坑夫。自らが体験した労働や生活を伝えたいと、60歳をすぎてから本格的に絵を描き始めた。暗く暑い地の底で、石炭を掘り出し運ぶ、男と女の姿だ。
 2011年5月、その記録画と日記など697点が、日本初のユネスコ「世界の記憶」に登録された。福島第一原発の事故からわずか2ヶ月半後のこと。
 映画では、多岐に渡る絵の数々を、細部に至るまで紹介する。同じように働いた104歳になる元おんな坑夫の言葉に、胸うたれる。
 家族や、画家の菊畑茂久馬、詩人の森崎和江、記録作家・上野英信の長男など、作兵衛さんをめぐる人々の証言から、今も変わらないこの国の差別や、エネルギー労働の構造が浮かびあがってくる。

*キネマ旬報・文化映画 ベスト10

*あいち国際女性映画祭 上映

クレジット

2018 / 日本 / 111分 / DCP / ドキュメンタリー

朗読:青木裕子(軽井沢朗読館)
ナレーション:山川建夫
撮影:中島広城 藤江潔
VE:奥井義哉
編集:大橋富代
映像技術:柳生俊一
MA:小長谷啓太
音楽:黒田京子(作曲・ピアノ)喜多直毅(ヴァイオリン)

配給協力:ポレポレ東中野
製作・配給:オフィス熊谷

山本作兵衛 関連作品

●RKB毎日 特番 『世界記憶遺産 山本作兵衛からのメッセージ〜炭坑絵師がつなぐ未来』(2013・テレビ)

●『作兵衛さんとの対話 2015』(2015・映画)

2020 © オフィス熊谷 Office Kumagai, All rights reserved.​
Designed by 新中野製作所 / Shin-nakano Products