コロナ死の友によせて

 幼馴染の友人が、先月末、コロナで亡くなっていたことを3日前に知った。ご家族からのお葉書による。

幼稚園から高校まで一緒で、ずっと近所に住んでいたから、最近も町でよくすれ違っていた。思想信条も政治的スタンスもまるで違うが、友だ。


大きなショックの中で、はっと気づいた。

阪神淡路大震災の現場で、生きていたのに助けられなかった、という話をたくさん聞いた。その時初めて、私はアフガニスタンの戦場にいたが、そこで目撃した死は、よその国の他人事でしかなかったのだと、恥じた。

東日本大震災でも、個々の死の重さを感じていた。

 原爆の場合はあまりに数が多いので、親しい被爆者の背後にどれだけの死者がいるのかを、想像するようにしていた。


 ただコロナ禍の中で、毎日発表される数字を見て、自分の身近な人間が亡くなるまでは、その数でしかとらえていなかった。

 これでは政治家と同じで、他者と痛みを共有しようとするジャーナリストとしては、基本的に失格だ。

 明日からまた、新たな気持ちで出発したい、と思う。

 友よ、悲しいけれど、気づかせてくれて本当にありがとう。

最新記事

すべて表示

被爆者の方たちが夢の中にたくさん出てきて・・・2021・09・09

2か月ほど前のことだ。夢の中に、知っている被爆者の方が“ぞろぞろ”という感じで現れた。すでに亡くなっている方が多い。場所はどこかの映画祭。私がかつて作った『幻の全原爆フィルム日本人の手へ 悲劇の瞬間と37年目の対面』を上映し、作品内で証言をして下さった方たちを、観客に紹介している。 中でも力を入れて紹介しているのは、「私を平和の道具に使って下さい」と口癖のように言っていた、長崎の片岡津代さんだった

奥井義哉さんのこと      2021・05・17

奥井義哉さんのこと 30年もの間、一緒に作品を作ってきた大事なスタッフが、脳内出血で倒れた。 奥井義哉さんという。 VE/音声さんだが、彼が来ると、現場の空気が本当に明るく変わった。つらい話を聞く時は、大粒の涙を落としながら、懸命にマイクのさおを握っていた。<音>に関してだけでなく、作品全体にも鋭い本質的な意見を言ってくれ、どれだけ助けられたことか。 そして何より、どこへ行っても、撮影相手の方たち

誕生日に原点に戻る 2021・04・08

いろいろな方に誕生日のメッセージいただき、ありがとうございました。  70歳になりましたが、それは戸籍年齢で、実際年齢(身体年齢X脳年齢)で換算していきたい、と思っています。  しかしながらこの機会に、70年前はどんな顔をしていたのか改めて、対面して見ることに。