top of page

コロナ死の友によせて

 幼馴染の友人が、先月末、コロナで亡くなっていたことを3日前に知った。ご家族からのお葉書による。

幼稚園から高校まで一緒で、ずっと近所に住んでいたから、最近も町でよくすれ違っていた。思想信条も政治的スタンスもまるで違うが、友だ。


大きなショックの中で、はっと気づいた。

阪神淡路大震災の現場で、生きていたのに助けられなかった、という話をたくさん聞いた。その時初めて、私はアフガニスタンの戦場にいたが、そこで目撃した死は、よその国の他人事でしかなかったのだと、恥じた。

東日本大震災でも、個々の死の重さを感じていた。

 原爆の場合はあまりに数が多いので、親しい被爆者の背後にどれだけの死者がいるのかを、想像するようにしていた。


 ただコロナ禍の中で、毎日発表される数字を見て、自分の身近な人間が亡くなるまでは、その数でしかとらえていなかった。

 これでは政治家と同じで、他者と痛みを共有しようとするジャーナリストとしては、基本的に失格だ。

 明日からまた、新たな気持ちで出発したい、と思う。

 友よ、悲しいけれど、気づかせてくれて本当にありがとう。

最新記事

すべて表示

伊豆・下田の小さな納骨堂で 2023・04・05

このHPに、昨年の8月以来投稿していなかった。 長い間撮り続けた作品の完成に追われていたこともあるが、多くの作品を一緒に作ってきたスタッフの死に、何だか書く元気が出なかった。 VE.・録音の奥井義哉さんが、私の自宅兼事務所で打合せ中に倒れたのは2021年4月。脳幹内で、脳出血と脳梗塞を起こしており、緊急搬送したが、どうしようもなかった。以降、”植物状態“と言える状況が続いた。療養型病院への転院の際

ペルー映画 『マタインディオス、聖なる村』 2022・06・29

何だかすごい映画を観た。 『マタインディオス』という。意味はスペイン語で「先住民殺し」。 長年、仕事を手伝って下さる長沢義文さんが、ペルーに魅せられ、ペルー映画を配給上映する、ブエナワイカ https://www.buenawayka.com/ をたちあげた。ペルーを一つのキーワードとして繋がれるような、交差点的な場になればいいなと思って付けたそう。 私は、なぜ彼がそこまでペルーに入れ込むのか知り

奥井義哉さんのこと      2021・05・17

奥井義哉さんのこと 30年もの間、一緒に作品を作ってきた大事なスタッフが、脳内出血で倒れた。 奥井義哉さんという。 VE/音声さんだが、彼が来ると、現場の空気が本当に明るく変わった。つらい話を聞く時は、大粒の涙を落としながら、懸命にマイクのさおを握っていた。<音>に関してだけでなく、作品全体にも鋭い本質的な意見を言ってくれ、どれだけ助けられたことか。 そして何より、どこへ行っても、撮影相手の方たち

Comments


bottom of page