コロナ死の友によせて

 幼馴染の友人が、先月末、コロナで亡くなっていたことを3日前に知った。ご家族からのお葉書による。

幼稚園から高校まで一緒で、ずっと近所に住んでいたから、最近も町でよくすれ違っていた。思想信条も政治的スタンスもまるで違うが、友だ。


大きなショックの中で、はっと気づいた。

阪神淡路大震災の現場で、生きていたのに助けられなかった、という話をたくさん聞いた。その時初めて、私はアフガニスタンの戦場にいたが、そこで目撃した死は、よその国の他人事でしかなかったのだと、恥じた。

東日本大震災でも、個々の死の重さを感じていた。

 原爆の場合はあまりに数が多いので、親しい被爆者の背後にどれだけの死者がいるのかを、想像するようにしていた。


 ただコロナ禍の中で、毎日発表される数字を見て、自分の身近な人間が亡くなるまでは、その数でしかとらえていなかった。

 これでは政治家と同じで、他者と痛みを共有しようとするジャーナリストとしては、基本的に失格だ。

 明日からまた、新たな気持ちで出発したい、と思う。

 友よ、悲しいけれど、気づかせてくれて本当にありがとう。

最新記事

すべて表示

映画『作兵衛さんと日本を掘る』DVD完成のご案内2021・01・25

『作兵衛さんと日本を掘る』は、昨年2月に全国の映画館での公開を終え、これから自主上映をと思った矢先に、コロナで難しくなった。もちろん私だけではない。様々な方が同じ思いをしている。感染対策に気をつけながら上映会を開いて下さった方には、心から感謝だ。この状況の中だからこそ、多くの方に観ていただきたいと、DVDパッケージを制作した。今を生き抜くパワーをもらえると信じている。 たくさんの方に感動していただ

HP開設のお知らせ       20年12月24日 

長い間準備を進めていた自分のHPを、10月末にやっと開設。お知らせが遅くなりましたが、三層60ページもある、中身の濃いものとなりました。ぜひご覧ください。 いやー、大変だった。 これまでの全作品を網羅。その中を、「三池」「作兵衛」「戦争と原爆」「まちづくりと子育て」「女性と映画」という5つのジャンルに分け、それぞれ代表作と関連作品を丁寧に紹介。制作中も。 アーカイブには、これまでの写真や文章も収め

自主上映会の再開とメイシネマ映画祭   10月28日

映画『作兵衛さんと日本を掘る』の全国公開が2月に終わり、さあこれから自主上映に力を入れよう、という時にコロナ。もちろん私だけではない。多くの方が同じ体験をしている。 延期になっていた上映会が、開催して下さる方の思いと努力で、今月末からやっと開けるようになった。ありがたい。ご案内がぎりぎりになってしまいましたが、お近くの方、どうぞおいで下さい。 10月31日(土) 福岡県春日市 クローバープラザ 1

2020 © オフィス熊谷 Office Kumagai, All rights reserved.​
Designed by 新中野製作所 / Shin-nakano Products