自主上映会の再開とメイシネマ映画祭   10月28日



 映画『作兵衛さんと日本を掘る』の全国公開が2月に終わり、さあこれから自主上映に力を入れよう、という時にコロナ。もちろん私だけではない。多くの方が同じ体験をしている。

 延期になっていた上映会が、開催して下さる方の思いと努力で、今月末からやっと開けるようになった。ありがたい。ご案内がぎりぎりになってしまいましたが、お近くの方、どうぞおいで下さい。

10月31日(土) 福岡県春日市 クローバープラザ 

10時と14時  私も話します

 福岡県人権啓発情報センター(ヒューマンアルカディア)主催     https://www.fukuokaken-jinken.or.jp/

11月7日(土) 大阪府枚方市  メセナ枚方会館  

14時 上映のみ

NPO法人 枚方市人権まちづくり協会 主催

https://www.hirakata-jinken.com/

 何といってもうれしかったのは、「メイシネマ上映会」の開催だ。藤崎和喜さんが個人で、もう30年も続けてこられた。いつもは5月の連休だが2回延期し、やっとこの11月にできることになった。

 私は毎年5月が近づくと、このメイシネマ上映会のご案内が楽しみだった。プログラムは全て藤崎さんの手書きで、熱い思いが伝わってくる。場所は東京の下町、江戸川区の公民館。手づくり感が満載で、温かい雰囲気にあふれている。この映画祭を楽しみにしている方は大変多いと思う。

30年目の今年、『作兵衛さんと日本を掘る』を、最終上映のとりに選んで下さった。うれしい。11月15日(日)。もちろん駆けつける。

まだの方は是非見ていただきたいが、この間で特に好評だった4作品も上映する。皆さまどうかお出かけ下さい。改めて、藤崎さんの心意気に感謝したい。

neoneoに掲載された、藤崎さんのインタビューである。

http://webneo.org/archives/42450

 春日市と枚方市の上映ご案内、そしてメイシネマ上映会、プログラムと藤崎さんのお手紙です。












最新記事

すべて表示

筑豊炭田に生きた生粋の炭坑夫、山本作兵衛が残した記録画と日記697点が、日本初のユネスコ「世界記憶遺産(世界の記憶)」に登録されてから10年。記念日の昨年5月に上映予定でしたが、コロナにより延期しました。 昨年中、福岡県内数か所でリレー原画展が行われ、その最後のトリに、今月より東京で、大規模な「山本作兵衛展」が開催されます。 同時期にアンコール上映をいたします。 初公開から約3年。コロナ禍の中で様

 菊畑茂久馬(きくはた・もくま)さんが、先月亡くなった。85歳。日本を代表する現代美術家の一人だった。私は今、心にポッカリ空洞があいた感じでいる。  インタビューをさせていただいたのは、7年前。その絵と日記が、日本初のユネスコ世界記憶遺産に登録された筑豊炭田の元炭坑夫、山本作兵衛