誕生日に原点に戻る 2021・04・08

いろいろな方に誕生日のメッセージいただき、ありがとうございました。

70歳になりましたが、それは戸籍年齢で、実際年齢(身体年齢X脳年齢)で換算していきたい、と思っています。


 しかしながらこの機会に、70年前はどんな顔をしていたのか改めて、対面して見ることに。

 生後100日目。自分で言うのもおかしいが、赤ん坊の割には、しっかりと何かを見つめているではないか。生後9か月目。早くも、世の中のおかしなことは許せない、という顔つき(に見える)。


 つくづく思った。誰だって、生まれた時は、無垢で純粋な眼(まなこ)をしている。

 それが、見てきたもの、様々な経験や思惑の中で濁ってくる。

アベだってスガだって、他のあらゆるジャンルのとんでもない奴らだって、生まれた時からまなこが濁っていたわけではない。


今年の誕生日の決意。

生まれた時の大原点に戻り、無垢なまなこで世の中を見よう。絶対濁らせないぞ。それで、おかしいと思ったことは行動し、きちんとした手段で表現しよう。


幸い身体年齢は、タニタの体重計によれば56歳。これを50代前半にしたい。

脳年齢はどうやって鍛えたらいいのかしら。

それはきっと、感じて、出会って、調べて作品を作り続けること。


赤ん坊の自分と久しぶりに出会い、発見したことでした。


写真は、庭の花大根と花ニラ。ささやかにお花のお返しです。そして、生後100日目と9か月目の私。

今後ともよろしくお願いいたします。






最新記事

すべて表示

奥井義哉さんのこと      2021・05・17

奥井義哉さんのこと 30年もの間、一緒に作品を作ってきた大事なスタッフが、脳内出血で倒れた。 奥井義哉さんという。 VE/音声さんだが、彼が来ると、現場の空気が本当に明るく変わった。つらい話を聞く時は、大粒の涙を落としながら、懸命にマイクのさおを握っていた。<音>に関してだけでなく、作品全体にも鋭い本質的な意見を言ってくれ、どれだけ助けられたことか。 そして何より、どこへ行っても、撮影相手の方たち

福島にいます 2021・03・06

10日ほど前から、福島市内のウィークリーマンションに暮らしている。撮影&運転担当の娘と共に。 原発事故の2年後から、双葉町や浪江町の帰宅困難地域や、避難した方たちを撮らせていただいてきた。往復はかなりした。ただ長くても東京から行く3泊4日で、ある程度“生活”しないと、皮膚感覚で理解できないのではないかと、感じていた。3・⒒の少し後までいる予定で、たかだか3週間ではと思う。ただ地元のスーパーで買い物

映画『作兵衛さんと日本を掘る』DVD完成のご案内2021・01・25

『作兵衛さんと日本を掘る』は、昨年2月に全国の映画館での公開を終え、これから自主上映をと思った矢先に、コロナで難しくなった。もちろん私だけではない。様々な方が同じ思いをしている。感染対策に気をつけながら上映会を開いて下さった方には、心から感謝だ。この状況の中だからこそ、多くの方に観ていただきたいと、DVDパッケージを制作した。今を生き抜くパワーをもらえると信じている。 たくさんの方に感動していただ