トップ > 制作中

​制作中の作品

原発があるまちの記憶(仮題)

 私が初めて、福島原発周辺地域に入ったのは、2013年3月のことだ。東日本大震災と原発事故から2年後。大学時代の友人に、双葉町の住人がいた。そこで目にしたのは、地震と津波と放射能による、三つ巴の惨状だった。
 それから今日に至るまで、浪江町、富岡町、飯舘村、南相馬、福島市内や二本松の仮設住宅、いわきの復興住宅に住む人々、元原発労働者などの撮影を続けてきた。浪江の帰宅困難地域は、美しい自然の中で驚くほど線量の高い場所もあり、防護服を着ての撮影は緊張する。
 被災者それぞれの状況はすべて違う。津波で家族を失った人、避難生活が続く中で家族が過労死した人、故郷から離れた場所で暮らし始めた人、リスクを知りつつ戻った人・・。
 自死した家族への思いから、裁判に立ち上がった女性もいる。事実を残そうと周囲の写真を撮り続ける女性や、仮設住宅で毎月小さなカフェを開き続ける女性に出会い、懸命に生きる人々の姿に自分が励まされもした。
 これまで撮ってきたのは、福島原発事故に関するごくわずかだ。まだ作品化までは時間がかかる。記録して残しておかなければ、あったこともないことにされてしまう。それが最もこわい。

​(文・熊谷博子)

今は撤去された看板
今は撤去された看板
press to zoom
浪江町・請戸 多くの船が住宅地にあがったまま(2014年撮影)
浪江町・請戸 多くの船が住宅地にあがったまま(2014年撮影)
press to zoom
浪江町・請戸 地元警察が遺品と遺体の手がかりを求めて毎月捜索
浪江町・請戸 地元警察が遺品と遺体の手がかりを求めて毎月捜索
press to zoom
浪江町・請戸 生活の証を記録し続ける町民
浪江町・請戸 生活の証を記録し続ける町民
press to zoom
汚染された表土を黒いフレコンバッグに詰める
汚染された表土を黒いフレコンバッグに詰める
press to zoom
飯館村で全村避難が決まった日、最高齢102歳の老人が自死 家族が東電を提訴
飯館村で全村避難が決まった日、最高齢102歳の老人が自死 家族が東電を提訴
press to zoom
浪江町 帰還困難地域に入るゲート
浪江町 帰還困難地域に入るゲート
press to zoom
浪江町 事故から5年、やっと大事な位牌を持ち帰る
浪江町 事故から5年、やっと大事な位牌を持ち帰る
press to zoom
1/2

​その他の作品も制作中です。乞うご期待!