トップ代表作一覧 > 映画をつくる女性たち
映画をつくる女性たち

1/11
映画をつくる女性たちパンフ.jpg

概要

 東京国際女性映画祭第15回の記念作品。
 日本では制作現場に長い間、女性は、女優とスクリプターとヘアメイクしかいなかった。女性監督第1号は、戦前の坂根田鶴子。戦後になり、女優出身の田中絹代が続いた。岩波ホール総支配人で同映画祭のプロデューサーだった高野悦子は、監督を目指すも日本では道がなく、フランスへ行き勉強した。
 第1回目の映画祭、海外から多くの女性監督が来日したが、日本からは羽田澄子だけだった。日本の女性監督の歴史を伝え、その後、同映画祭に自らの作品をもって参加した、20人あまりの日本人女性監督・プロデューサーにインタビューした。語られるそれぞれの人生が重い。

 

*東京国際女性映画祭上映作品

クレジット

2004 / 103分 / ドキュメンタリー映画

撮影:馬場宏子

照明・録音:石田厚

編集:大橋富代

映像技術:柳生俊一 田代定三

MA:滝澤康

音楽:本田成子

ナレーター:中里雅子

 

製作:東京国際女性映画祭実行委員会

女性と映画 関連作品

『日本初の女性映画監督 坂根田鶴子を追って』

2004・ビデオ

その他の関連作品

●『映画をつくる女性たち 第15回東京国際女性映画祭記念作品』(2002・ビデオ)

●TBS ニュース23『女と映画と戦争と ~埋もれた日本初の女性映画監督』(2004・テレビ)

2020 © オフィス熊谷 Office Kumagai, All rights reserved.​
Designed by 新中野製作所 / Shin-nakano Products