トップ代表作一覧 > 原爆にさわる 被爆をつなぐ ~長崎・戦後70年を生きる被爆二世 > 日本テレビ 知られざる世界 『女にとっての戦争とは』
日本テレビ 知られざる世界 『女にとっての戦争とは』

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/7

概要

 戦争の最も異常なところは、ごく当たり前の日常生活が犯されていくことだ。太平洋戦争中の、日本国内の女性たちの暮らしを具体的に追った。

 当時の衣食住を再現。配給が、大根は1週間に一人あたり一かけ。その材料ですいとんを作ってみる。住む家は、空襲時の延焼をおそれ、強制的に壊される。防毒マスクをつけた女子学生たちが行進する、不気味なニュースフィルム。

 国語教科書の桃太郎は、鬼が“鬼畜米英”の西洋人の顔になった。ただの少女たちが、「男だったら飛行機で自爆したい」と友人同士のサインブックに書く。本棚の本だけで、治安維持法による予防拘禁で投獄された文学少女もいた。その時代を生きた、無名のごく普通の人々の証言である。

クレジット

1981年 / テレビ / 25分x2本 

撮影:大津幸四郎

編集:富塚良一

ナレーター:佐藤慶

製作:日本映像記録センター