トップ代表作一覧 > 原爆にさわる 被爆をつなぐ ~長崎・戦後70年を生きる被爆二世 >朝日ニュースター フリーゾーン2000『知花家の沖縄 「日の丸」焼き捨てと「象のオリ」』
朝日ニュースター フリーゾーン2000『知花家の沖縄 「日の丸」焼き捨てと「象のオリ」』前・後

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/6

概要

 沖縄・読谷村でスーパーを営む知花昌一さん。彼は村のタブーであった集団自決の事実を掘り起こし、そして1987年の沖縄国体で、ソフトボール会場に掲揚された日の丸を引き下ろし、焼き捨てた。
 近くの楚辺通信所、通称「象のオリ」は、米軍の傍受施設だ。知花さんはこの中に土地をもっている。1996年、米軍の借用期限が切れ、返還を求めて提訴。その結果、わずか2回、2時間ずつではあるが、立ち入りが許可された。19年ぶりに家族と共に自分の土地にはいるという、当たり前のことがかなった、喜びの瞬間。
 彼は、知的障害のある長女を含む、三児の父親である。地元に根を張り、両親と妻と子どもたちと生活する普通の家族。その知花家を通して見た沖縄。

クレジット

1996年 / テレビ / 53分

プロデューサー:小池博文

企画・制作:朝日ニュースター