トップ代表作一覧 > 原爆にさわる 被爆をつなぐ ~長崎・戦後70年を生きる被爆二世 >フォーラム杉並 『戦争を知らない大人たち』
フォーラム杉並 『戦争を知らない大人たち』
最終稿チェック-おもて5.png
最終稿チェック-うら.png

概要

 「なぜ今、身近な戦争を伝えるのか」をテーマに、これまでに撮影してきた人々や自身の体験を、プログラム別に映像を交えて語った。 陸軍軍人だった祖父や軍医だった父。食卓で戦争の話題が当たり前だった。 アメリカのテロ対策学校への体験入学では、「何も考えずに本能的に撃ち、相手を瞬時に殺せ」と銃の打ち方を教わった。 1988年のアフガニスタンでの戦場体験。多くの死に出会う中で、自分自身の感覚が麻痺していく。死への慣れ。戦場の高揚感を感じてしまう。 長崎の被爆者・谷口稜曄さんとの出会い。70年間にわたって原爆を背負い続けた背中に触れながら、「生きていてくれてありがとうございます」と心の中で繰り返した。 今再び、戦争が身近なものにならないように…。

クレジット

2018年 / 講演

主催:フォーラム杉並

共同登壇者:漆原淳俊 永田浩三

2020 © オフィス熊谷 Office Kumagai, All rights reserved.​
Designed by 新中野製作所 / Shin-nakano Products