top of page

伊豆・下田の小さな納骨堂で 2023・04・05

 このHPに、昨年の8月以来投稿していなかった。

 長い間撮り続けた作品の完成に追われていたこともあるが、多くの作品を一緒に作ってきたスタッフの死に、何だか書く元気が出なかった。


 VE.・録音の奥井義哉さんが、私の自宅兼事務所で打合せ中に倒れたのは2021年4月。脳幹内で、脳出血と脳梗塞を起こしており、緊急搬送したが、どうしようもなかった。以降、”植物状態“と言える状況が続いた。療養型病院への転院の際、一緒に車に乗り込むことのできたスタッフの一人が、仲間からのメッセージを読み上げると涙を流した。私たちは一縷の望みを抱いたが、意識は戻ることなく、昨年、22年の12月24日に亡くなった。

 

 奥井さんくらい、「愛され力」の強い人間を知らない。スタッフからはむろん、撮影に行った先の方たちからもだ。

撮影現場で、相手と最もかかわるのは、監督・ディレクターで、次にカメラマン。ヘッドホンをつけ、長い竿につけたマイクを持つ録音担当者が、忘れられないような印象を与えるのは、本当に珍しい。


 倒れてからの1年8カ月は、コロナ禍で家族・親族もほとんど会えず、仕事仲間は転院時のわずかな時間を除けば、一度も会えなかった。

 やっと会えた時は、棺の中だった。火葬場も人数制限があり、数人の仲間で骨を拾いにいった。

 胃ろうで栄耀補給をしていたから、痩せてはいなかったが、かつてはあちこちの祭りに行っては神輿を担いでいた、頑丈な体躯は短く縮んでいた。


 先週やっと、奥井さんの墓参りに行くことができた。

 故郷の伊豆・下田にある、教会の納骨堂。まるで、メルヘンの世界に出てくるような小さなかわいい納骨堂で眠っている。

彼自身はクリスチャンではないが、家族が信者だということで、ここで眠ることになった。

 

 何だかなぁ、という複雑な思いからなかなか抜けられないのだが、心をこめて、みんなの奥井さんの会を開くことにした。


 奥井義哉さんをご存じの方、また改めてご案内しますが、5月19日(金)19時~ 映画館ポレポレ東中野の、カフェポレポレ坐で、「奥井義哉さんの会」を開きます。


そして、今仕上げ中の作品は、7年間、奥井さんと撮り続けた彼の遺作でもある。大事に大事に完成させたい。





最新記事

すべて表示

ペルー映画 『マタインディオス、聖なる村』 2022・06・29

何だかすごい映画を観た。 『マタインディオス』という。意味はスペイン語で「先住民殺し」。 長年、仕事を手伝って下さる長沢義文さんが、ペルーに魅せられ、ペルー映画を配給上映する、ブエナワイカ https://www.buenawayka.com/ をたちあげた。ペルーを一つのキーワードとして繋がれるような、交差点的な場になればいいなと思って付けたそう。 私は、なぜ彼がそこまでペルーに入れ込むのか知り

奥井義哉さんのこと      2021・05・17

奥井義哉さんのこと 30年もの間、一緒に作品を作ってきた大事なスタッフが、脳内出血で倒れた。 奥井義哉さんという。 VE/音声さんだが、彼が来ると、現場の空気が本当に明るく変わった。つらい話を聞く時は、大粒の涙を落としながら、懸命にマイクのさおを握っていた。<音>に関してだけでなく、作品全体にも鋭い本質的な意見を言ってくれ、どれだけ助けられたことか。 そして何より、どこへ行っても、撮影相手の方たち

誕生日に原点に戻る 2021・04・08

いろいろな方に誕生日のメッセージいただき、ありがとうございました。  70歳になりましたが、それは戸籍年齢で、実際年齢(身体年齢X脳年齢)で換算していきたい、と思っています。  しかしながらこの機会に、70年前はどんな顔をしていたのか改めて、対面して見ることに。  

Comments


bottom of page